Handmade de SMILE

Vol.102 初夏の手仕事!「梅干し作り」と「サマーマフラー」

「丁寧な暮らし」をされている方のブログなど読んでいると、この時期は梅仕事の季節。「丁寧な暮らし」を目指しているけれど、なかなか怠け者体質から抜け出せない私には、憧れの暮らしではあるけれど…。 この梅仕事だけは、こんな私でも結婚してから毎年続けています。というのも、私は無類の梅好き!特に梅干しが大好きなのです。子どもの頃から、母、祖母が漬けてくれた梅干しを食べてきたので、家漬けのやさしい味の梅干しに馴染んできました。買った梅干しも美味しいけれど、毎日食べるなら断然家漬けの梅干しが一番!ということで、結婚してからは自分で漬けています。そして、遺伝なのか?我が家の息子たちも梅干しが大好き。昔は、梅が出始めた頃は青梅で梅ジュースを作り、梅酒を 作り、その後、南高梅で梅干しを…なんて、梅仕事をフルで楽しんでいたのですが、梅酒もそんなに飲まないし、梅ジュースは、なぜかうちの子たちは好まず…とにかく梅干し一択!少し漬けただけでは間に合わず、ここ数年は梅干し作りに専念しています。去年は10キロも漬けました。もう、梅仕事ではなく、梅作業…。梅干しを漬ける、というと、「すごい!」と言われることも多いのですが、少し面倒なだけで、実は全然難しいものではないのです。それに、塩をまぶして置いておくと、梅酢が上がってきたり、変化していくので、その梅の成長ぶりに愛着が湧いてきて、可愛くなってきます。毎日、梅干しに挨拶するのが、この季節の習慣。今年もボチボチ梅干し作りを始めました。美味しくできるといいなー。

梅酢が上がってきました
やさしい味の梅干しがわが家の食の定番

さて、今回はそんな初夏に使える手作りアイテムをご紹介します。保冷剤をくるんで、暑さを回避する首もとひんやり「サマーマフラー」。真っ直ぐに縫って、保冷剤を入れるポケットを作るだけ。暑い夏がやってくる前に作っておいて、子どもさんのスポーツ観戦や、レジャーなどに役立ててくださいね。お気に入りの布で作れば、オシャレのアクセントにもなりますよ。
cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する