Handmade de SMILE

布で作る!コロコロ可愛い「箱」(布小物作家・Cheap Childさん)

 私は小学校のPTAが主催する「家庭科クラブ」に入っています。年に数回、学校に集まって、何かを手作りする会です。
長男が幼稚園に通っているときから、小学校には父兄が参加できる“家庭科クラブ”なるものがある、と噂を聞いていて、手作り大好きな私は
「長男が小学校に入ったら、絶対入部するんだ!」
と張り切っていました。
 実際、長男が入学して、入部してみると、家庭科好きなお母さんたちが集まっているわけではなく、PTAの役員をやっているから頼まれて入っている人が多いこと!純粋に家庭科好きの私みたいな人は珍しいくらいでした。
 ハンドメイドブームといっても、まだまた手作り好き人口は少ないのかも、と少しさみしい気持ちに。でも、付き合い程度の気持ちで入部したお母さんたちも、回を重ねるごとに、手作りの楽しさを実感しているようでした。
 作る物もプリザーブドフラワーのアレンジ、卵の殻に装飾を施すエッグアート、ステンドグラス、ミシンなど、バラエティに富んでいるので、毎回何を作るか楽しみ。息子も三年生なので、在籍3年目で、今までいろんなものを作らせてもらいました。

家庭科クラブで作った作品たち
ファイバークラフトのコサージュ(左)とリネンのコサージュ(右)

 前回はファイバークラフトという特殊な紙を使った工作のような手芸。講師はテレビでも紹介された有名な先生で、私も先生のことを知っていたので、少々興奮してしまいました。少し固い特殊な紙を好きな色に染め、コサージュに。ハサミで細かく切ってヒダを作ったり、クルクル巻いたり。楽しい作業です。
「ん?この作業、やったことがあるような。
 そうだ!布でコサージュを作るときも似たようなことをしたかも」 と思い付きました。
布はファイバークラフトのようにしっかりはしていないけど、ちょっとクタッとした仕上がり具合がいい感じかも。
 ファイバークラフトのコサージュをマスターし、さっそく同じ方法で、リネンのコサージュを作ってみました。布は糊付けして少しパリッとさせ、ファイバークラフトとはまたひと味違う、リネンのコサージュが完成。

 紙で作れるものを布に置き換えて、同じように作ってみるのも楽しい!
ということで、今回ご紹介するレシピは箱型の小物入れです。紙で作る箱では、面をのりやテープで止めますが、布を使う場合は、テープではなく、ミシンでチクチク。小学三年生の息子が立方体の展開を習っていますが、まさにこの展開を使って作ります。
 完成した箱はそのまま小物入れとして使ってもいいし、小さな瓶を入れて、鉛筆立てや花瓶として使ってみても。  用途に合わせて好きな大きさで作ってみてください。ナチュラルなインテリアアイテムとして重宝しますよ。

cheap childさん直伝のレシピはこちらから

グリーンを飾ってお部屋のアクセントに
プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する