Handmade de SMILE

Vol34.ハンカチとティッシュを入れに「ポシェット」(布小物作家・Cheap Childさん)

女の子が欲しいと思い続けている私ですが、最近、赤ちゃんが欲しい!と思うようになりました。次男が小学校に入学し、子どもに手が掛からなくなり、いつかそんな日を…と思いながら子育てしていましたが、実際にそんな日が来てしまった最近では少し寂しい気分に。さらにはここ最近、私の周りはベビーブーム。一人目、二人目ではなく、三人目、四人目と大家族計画が進んでいるのです。赤ちゃんに会い、抱っこさせてもらうたびに私の母性がうずうず。以前は女の子なら三人目が欲しいけど…なんて思っていたけれど、最近では息子たちの赤ちゃん時代の可愛さを思い出し、もう一人男の子でもいいなぁ、と思うようになりました。
現実には体力的にも年齢的にも無理かなぁと思っていたら、次男がこんな発言。
「赤ちゃんは産まないで。ぼくたちが甘えられなくなるよね。お兄ちゃんだから我慢しなさいって言われるの嫌だもん。だから赤ちゃんは産まないで」
手が離れたように思っていたけれど、まだまた甘えたいんだなぁと思い、なんだかうれしくなってしまった私は、いつまでも子離れできないダメ母です。

手作りが大好きな次男は、いろいろ作って欲しいとリクエストしてくれます。お友達に作ってもらったぬいぐるみの洋服も彼のリクエスト。でも一番好きなのは仮面ライダーという男らしい一面も
紐の部分はとも布を使っても可愛いですよ

 小学校で見る女の子たちのポシェットは意外と手作りが多い。ちょうど良いサイズがないのと、女の子たちはママの手作りが大好き。先日、ママ友と手芸やさんに行ったのですが、まさにポシェットを作る材料を買っていました。
「ポシェットを作ったら、毎日毎日持って行ってくれるから、もうボロボロになってしまって。ボロボロになっても使ってくれるのはうれしいんだけど、恥ずかしいくらい汚れちゃって。だから新しいのを作ろうと思って」作り手としては本当にうれしい話。
そのママに聞いたところ、やはりフタがあるものがよい。ジッパーだとなお良いな…と言っていたので、ジッパーを使ったポーチに長いヒモを付けてみました。ママはポーチ、子どもにはポシェットを作って、お揃いを楽しんでもいいですよね。
手作りのポシェットを提げている女の子はきっとママになったときに、手作り品を子どもに作ってあげるはず。そんな私も母が作ったポシェットを提げていた女の子でした。
私も女の子にこの遺伝子を残すため、三人目にチャレンジするか?いやいや、わが家の息子たちにはしっかり「手作り大好き遺伝子」は流れているから、もういいいかな。

cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。