Handmade de SMILE

vol39.結婚式も手作りが盛り上げる!(布小物作家・Cheap Childさん)

先日、結婚前に働いていた会社の先輩の結婚式に行ってきました。独身時代からずっとお世話になり、今でも月に一度は会っている大好きな先輩。独身生活を謳歌していましたが、ここ最近、マスコミで話題の「婚活」に真面目に取り組んでいました。彼女の話は、テレビや雑誌で見聞きする、「婚活」話そのもの!平凡な主婦である私をいつもワクワクドキドキさせてくれました。そしてついに理想の伴侶に出会い、結婚することに。ドラマチックな「婚活物語」は、新婚物語へと進むことになりました。ずっと話を聞いていたので、結婚が決まったと聞いたときは本当にうれしかったです。
さらに私にとって、久しぶりの結婚式。結婚式は、家事に育児にと忙しくしている私にとって、日常から解放してもらえるステキな一日!その日をとても楽しみにしていました。おしゃれをして、懐かしい友だちに会い、楽しいおしゃべりに、美味しいフランス料理。少々飲み過ぎてしまいましたが、楽しい時間を過ごすことができました。
近頃ではDVDやビデオカメラの普及で、ビデオレターもすごく完成度の高いものができるのですね。遠方で来られない方や恩師まで登場するビデオレターは、感動的な上に、すごく上手に作られていて、ビックリしました。そういえば、主人も月末に友人の結婚式があるらしく、パソコンを駆使して、スゴイDVDを作成中。私のときはスライドで幼少時代を振り返ったけれど、今はパソコンも進化して、このままテレビに流せるのではないかってくらいのDVDが完成しちゃうのですね。手作りなのに、プロ級なのです。本当、時代の流れを感じます。

ケーキカットはいつの時代も変わらない結婚式のベストショット!
手作りのご祝儀袋

さて結婚式に送るご祝儀の袋、皆さん、どうしていますか?
最近ではいろいろなタイプのご祝儀袋を見かけます。可愛いく装飾されたものはもちろん、使用後はハンカチとして使えるものなんかもあるようです。
エコな生活が推奨される中、再利用できるご祝儀袋ということで、布でつくる手作りご祝儀袋のレシピを見つけました。自分らしくアレンジを加え、大好きなリバティ柄をメインに。ご祝儀袋は、使用後、小物入れになります。ポイントとして付けたお花は取り外し可能。コサージュとしても使えます。手作りご祝儀袋は珍しかったようで、先輩も喜んでくれました。
以前先輩にプレゼントしたパクパクポーチは、生活費入れに使ってくれているみたい。
手作りしたものを実際使ってもらえるのは、作り手としては大きな喜び。
気を良くした私は、今度、新居に遊びに行くとき、新婚生活に役立つ布小物をおみやげにする予定です。

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する