Handmade de SMILE

vol48.スマホをやさしく包み込む「モバイルケース」(布小物作家・Cheap Childさん)

ついに「スマホ」デビューしました。いわゆるスマートフォン。
サンタさんが、持ってきてくれたのです。我が家には、子どもたちにだけでなく、サンタさんの気が向くと、私のところにも来てくれます。毎年、私の欲しそうなアイテムをチョイスして持ってきてくれるのですが、今年はなぜかスマートフォン。
周りのママ友たちもどんどんスマホを持つようになり、なんとなくカッコイイなとは思っていたけど、かなりのメカオンチのため、自分が持ちたいとは思ってはいませんでした。
クリスマスイブの日に、いきなり使っていた携帯が「圏外」表示に。今までも少し調子が悪かったから、ついに壊れてしまったのかと、主人に相談したところ…。
「あぁ〜サプライズにしたかったのに。クリスマスイブにまで携帯を使うなんて思わなかったぁ」
内緒で、今私が使っている携帯をスマホに変更したため、私の携帯が「圏外」になってしまったらしいのです。
携帯電話がないと不安になるくらい携帯電話と共に生活しているご時世。一時でも「圏外」になればそりゃ不安にもなる。このサプライズが成功する確率は低すぎると思うのですが…。

スマホ自体を保護するケースもお気に入りを見つけました
スマホだけでなく、デジカメケースにも使えます

というわけで、突然、スマホを持つことになったのです。でもメカオンチの私には扱いづらく、メール一つ打つのも四苦八苦。おかげで今まですぐに返信していた友だちへのメールも、億劫になり…。インターネットも家のパソコンのほうが使いやすいし、スマホの良さがわからない毎日でした。
サプライズ好きのサンタさんも「プレゼントはスマホじゃないほうがよかったかなぁ」としょんぼり。
「いやいや、徐々にスマホの良さがわかるようになって、いつかサンタさんに感謝する日が来るよ!今はこの最新のメカに私はついていけないだけ」と変なフォローをしつつ、スマホを使用して2ヶ月半ほど経ち、今ではメールもネットの検索も、アプリも使えるように!スマホ生活をすっかり楽しんでいます。
やっぱり使い慣れたらスマホはとっても便利!
あんなに小さなもので、いろんなことができてしまう。こんな時代がくるなんて。すごい時代に生きているんだなぁ…と実感しています。
そんな小さなメカだからこそ、デリケートに扱いたいですよね。
そこで、今回はモバイルケースのご紹介です。
裏布にキルティングを使い、やわらかく包み込むようになっています。持ち手はバッグなどに取り付けられるよう、ナスカンとDカンを使用し、大人っぽく革の持ち手にしました。布の合わせた方、レースの使い方で大人っぽくも可愛らしくも作れると思います。
お気に入りの布で、大事なスマホを入れておく、オリジナルのケースを作ってみてくださいね。

cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する