Handmade de SMILE

Vol.51女の子にハンドメイドのプレゼント☆(布小物作家・Cheap Childさん)

新学期も始まり、子どもと一緒に私もフレッシュな気持ちになっています。花粉症はつらいけど、やっぱり春っていいですよね。
最近の私は春になると、お世話になった方々に、感謝の気持ちを込めて、手作りの贈り物を作ることが多い。
まずは恒例の入園グッズ。主人の妹の3人目の息子が入園したので、クマちゃんの入園グッズをプレゼントしました。私も2人の男の子の母ですが、義妹には3人の男の子がいます。そしてこの甥っ子と年子で、4人目がいて、その子は身内で唯一の女の子。ついに来年、女の子の入園グッズを作ることに!可愛い布をツギハギして、リボンやレースをいっぱい付けて、女の子ならではのキュートな入園グッズを作りたいなぁと今から張り切っています。

100均で買ったヘアピンに手芸用ボンドで貼り付ければ、可愛いヘアピンが完成
リバティを使ってちょっぴり大人っぽいポーチを作りました。コサージュは取り外しできます
女の子といえば、この春は女の子のためにいろいろ作りました。
そこで今回は、布で作るブローチのレシピをご紹介。
次男と仲良しの姉妹に、ホワイトデーのお返しとして、ヘアピンを。こんなときに大事にとっておいた、小さな小さなリバティのハギレ布が大活躍。小さい長方形の布をぐしぬいして、お花の形に。レースやボタンを好きなように配置して、ヘアピンに付けるだけ。針と糸があればどこでもできるので、ちょっとしたあき時間にできるのがうれしいところ。プレゼントした女の子はすごく喜んでくれて、いつも遊ぶときに付けて来てくれます。
小学校を卒業した同じマンションに住んでいる女の子には、息子たちがとてもお世話になったので、気持ちばかりのお祝いをと、コサージュ付きのポーチをプレゼントしました。
この春から中学生ということで、ちょっと大人っぽいイメージで。ラッピングをして渡したのですが、そのときしっかりお礼を言ってくれたのに、またまた改めてお礼メールが。
「中身を見ないでお礼を言ったけど、中を見たらすごく可愛くて、お礼がいい足りなかったと思って、メールしました!」
って。なんてうれしい言葉!
プレゼントしたときの相手が喜んでくれたのをリアルに感じられるときは本当にうれしい!だからハンドメイドはやめられないのです。
喜んでくれる人たちのことを妄想しながら、この春も私はハンドメイドにいそしんでいます。
プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する