Handmade de SMILE

Vol72.入園・入学グッズは、ツギハギで個性を発揮!

さて、前回に引き続き、入園・入学グッズのお話です。

入園・入学グッズを作るのをきっかけにして、ミシンをはじめる人も多いですよね。せっかく作るのだから、個性的な作品にしあげたいもの。そうすると重要になってくるのが、布の合わせ方。私は何を作るにも、ツギハキして作ることが多いので、入園・入学グッズもいくつかの布をツギハキして作っています。数種類の布を合わせることは、センスを問われるからと、ちょっと躊躇しがち。でも、いろいろな布を組み合わせることで、オリジナリティだけでなく、可愛いさもアップします。パッチワークを想像してください。パッチワークは、まさに柄ON柄。でもとっても素敵な作品に仕上がっていますよね。思い切って、いろいろな布を組み合わせてみてはいかがですか。

ちょっと冒険すぎるな…と思ったら、まずは同系色でまとめることをオススメします。同じ色目で、水玉、チェック、花柄などをミックスすると、外しません。

ブルーのいろいろな布をミックスして作ったシューズケース
そのシリーズでレッスンバック、巾着も作りました

今回は、メインにお気に入りの布を使って、その上に小さい布を3つ配置したシューズケースのレシピをご紹介。
シューズケースもレッスンバックも基本的には作り方は同じです。表布である本体と、裏布を合体させるわけですが、その際に、持ち手になるカラーテープをはさみます。

このとき、二つの方法があります。
本体と裏布を袋状にして、内側に2センチほど折り込んだ本体の中に同じく2センチほど折った裏布をいれて、周りを縫う。このとき、表布と裏布の口の大きさが一致しなくてはいけないのですが、これがなかなか難しい。少しでも大きさが違うと、シワがよってしまいます。そこで、表布と裏布を広げ、二枚を中表にして、裏と表の口部分を重ねて縫う方法なら、口の部分はシワを作ることなく仕上がります。縫った部分を真ん中にして、端を縫い、裏布部分に返し口を作り、そこからひっくり返して完成。裏布と表布の大きさが合わないことに悩んでいた私にとって、この方法には目から鱗!感動しました。
が、この方法の欠点は、あらかじめカラーテープを挟み込んで縫うので、ちょうど良い位置に持ち手がこないこともあるということ。表布と裏布の間に直に挟めば、どこに挟めば良いかイメージできますが、返し口から返してみないと、良い位置に配置できたかわからないのです。
結局、最近では、表布、裏布を袋状にして、表布に裏布を入れて縫う…というスタンダードな方法で使って作っています。

今回のレシピは、この方法で作っていますが、自分の作りやすい方法で作るのが一番!いろいろ試してみてくださいね。同じモノを作るのにも、方法はいろいろ…そこがハンドメイドの楽しいところでもあると思います。
cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する