Handmade de SMILE

Vol83.『家庭科クラブ』で手作りのワが広がる!

ここ数年、小学校のPTA活動に参加していますが、今年は有志の保護者で活動する『家庭科クラブ』を立ち上げました。毎年、家庭科クラブは存在していたのですが、これは、PTAの役員が主体となり、運営されていました。バレー部や卓球部などの運動部があるのだから、文化部があってもいいのでは…ということで、部活動のように、入部した部員たちでやっていくことに。全保護者に募集をかけ、25名ほどの部員を集うことができました。毎月一度、小学校の教室に集まり、みんなで『何か』を作る、来たいときに気軽に参加すれば良い、そんな、習い事感覚のクラブを結成。部員にどんなことをやってみたいかアンケートを取り、毎月、お題を用意して、この半年間、みんなでいろいろ制作してきました。初めての会では、ハギレを使ったピン留め。たくさんのハギレを用意して、おしゃべりしながら、針仕事にチクチク励みました。自分一人ではなかなか手を出せなかった羊毛フェルトでのキャラクター作りも楽しかったです。革細工、バレッタ作り、ピアス作り…。みんなでおしゃべりしながらの手芸はとっても楽しいひと時です。出張家庭科クラブと称して、お料理教室や木工教室にも出かけました。

一度やってみたかった木工教室では、リモコンケースを制作。希望者で1日体験教室に出かけてきました。
ハギレで作った布のピン留めはPTAの名札の飾りにしています

今年はそんな家庭科クラブに、日頃の成果を発表する場として、小学校の作品展での出品のお誘いが。作品展のために、クリスマスリース&お正月飾り教室も開催しました。作品展では、ブースをもらい、みんなで可愛く飾り付けをし、生徒たちからの評判も上々。飾り付けの準備はプチ学園祭気分で昔を思い出し、とっても楽しかったです。来月は、保護者にスイーツデコをされる方がいらっしゃるので、その方を講師に迎えて、スイーツデコ教室を予定しています。
家で孤独にコツコツ作業するイメージの手芸ですが、家庭科クラブを通して、みんなで『何か』を作ることができるのはうれしいことです。こうしてまた、手作りのワは広がっていきます。
さて、今回は、ペンケースのレシピです。学校での用事が多い私にとって、筆記用具は必須アイテム。手作りのペンケースで、PTA活動も楽しく乗り切って行こうと思います。
cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する