Handmade de SMILE

Vol84.今年もハンドメイドいっぱいの1年でした!

あっという間に年末。今年も一年を振り返る時期となりました。このコラムを書きはじめて何度目かの年末になりますが、読み返してみても、その頃と何も変わらないなぁと思ってしまいます。成長してないような…。ずーっとハンドメイドが好きで、やっぱり今年もハンドメイドな一年だったなぁと思います。
 ハンドメイド部門での今年一番の出来事は、前回もご紹介しましたが、小学校のPTAで『家庭科クラブ』を立ち上げたこと。毎月一度、準備も大変でしたが、みんなで何か作るという楽しい時間を過ごすことができました。
 先日はスイーツデコ教室を開催。粘土を絵の具で着色して、マカロンやアイスクリームなどのミニスイーツを作りました。講師は、同じ小学校に息子さんが通うお母さん。たくさんいるPTAのご父兄さんに講師さんを見つけられるなんて、ラッキー!でも考えてみれば、数百人いる保護者の中に、こうした特技をもつ方、講師をやっていただける方って、探せば結構いるのかも。家庭科クラブは、これかもそんな素敵な特技をもっている方たちのワザを披露する場にできるといいなぁと思います。

マカロンやアイスクリームを作って、ジャムの空き瓶を可愛くデコレーション!
「持ち手の部分は面倒だから手縫いにしたよ」と長男。残念な仕上がりのトートバッグは家に持って帰って来たら、持ち手が取れてました…

 スイーツデコは一度教えてもらったら、お家で作ることができるんです。材料は100均で簡単に手に入ります。家庭科クラブの部員たちは、はじめこそ、お付き合いで入ってくれた人たちもいたのですが、最近では作ることが楽しくなって、教えてもらったあと、自宅で復習する優秀部員が急増中!このスイーツデコも、さっそくみんな自宅で作ったようで、続々と報告メールが届きました。粘土で作るものなので、ちょっと教えたら子どもも作ることができ、みなさん、親子で楽しんでいるようです。もちろん、我が家の息子たちもスイーツデコに挑戦しました。メルヘンチックな次男はマグネットにデコったり、長男は、マカロンを作っていたはずなのにお好み焼きになってしまったり…それぞれのアイデアや個性が出るのが手作りのいいところですよね。
そんな長男、先日、家庭科の授業でトートバッグを作ってきました。ミシンは何度かうちでもやっていたはずでしたが、なんともヒドイ仕上がりで…少々凹んだ母でした。
 今年最後のレシピはミシンで作るティッシュカバーです。真っ直ぐ縫うだけなので、冬休みに長男に作らせ、ミシンの練習をさせようかと思います。
 最後になりましたが、今年もコラムを読んでいただき、ありがとうございました。来年もみなさんにとって、ステキな一年になりますように。
cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する