Handmade de SMILE

Vol.96 「帆布のトートバック」をデコパージュで可愛くアレンジ!

小学校の家庭科クラブで活動中という話は何度か書いていますが、先日は、布や石鹸などに紙ナプキンの模様をデコするデコパージュというものを体験しました。布や石鹸など、デコパージュするモノの上にお気に入りの紙ナプキンの柄をのせて、特殊な液体を筆で塗って、柄を定着させます。オリジナルの小物ができるので、この家庭科クラブのあと、部員の間でも、個人的に自宅で作る人が続出。携帯電話のカバーをデコパージュしたり、液体洗剤をカバーリングしたり…。久しぶりに学生時代の友だちに会うからと、巾着にデコパージュしたものをたくさん作ってプレゼントした人もいました。簡単なので、子どもと一緒に楽しめるのも、いいところ。秋に行われたPTAの親子で楽しむイベントでも、石鹸をデコパージュする体験教室を開催しました。評判も上々。女の子だけでなく、男の子たちも喜んで作っていました。冬休みに親子で楽しむ工作としてもオススメです。

可愛い紙ナプキンを探すのも楽しい!
3種類の紙ナプキンから柄を切り抜いて貼付けました

そこで、今回はハンドメイドで作った布小物にデコパージュを施してみました。少ししっかりした布の方がキレイに柄をのせることができるので、帆布を使います。柄のないシンプルな帆布に、柄をデコパージュすれば、オリジナリティもUP!
厚手の布を縫うときは、普通のミシンではなかなかスムーズにいかないので、「スーパージーンズ」の登場です。縫い代1センチで両端を塗って、縫い代をジグザグミシンで始末してから、マチを作ります。最後は口の部分を三つ折りにして、さらに、持ち手を挟んで、グルリと縫います。帆布を三つ折りにして、さらに持ち手まで挟んでも、「スーパージーンズ」ならラクラク縫えてしまうので、ビックリ。厚手の布を縫っているとき、針を折ってしまう経験を多々している私としては、感動モノです。完成したシンプルな帆布のトートバックにお気に入りの柄をデコパージュしたら、出来上がり。
ミシンで作った布小物にさらにアレンジを加えて、自分だけのお気に入りを作ってみてくださいね。
cheap childさん直伝のレシピはこちらから

プロフィール
布小物作家 Cheap Childさん
2人のお子さんのママ。愛知県内の雑貨屋さんで、バッグやポーチなど、リネンやコットン素材の布小物を販売。“可愛くて使える”にこだわった雑貨にファン多数。
布小物作家 Cheap Childさん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する