Handmade de SMILE

# Vol12.色のある生活(野菜ソムリエ兼Cafeオーナー 常田知里さん)

「モノクロだった世界が、突然鮮やかなカラーに変わった」

 恥ずかしげも無くカミングアウトするが、これはドラゴン(主人・仮名)が私との出会いについて表現した言葉である。6年前のある日、プロポーズの前に彼は私にそう言った。
 出会いは大学時代、それまで柔道一筋で生きてきた彼の前に突如現れたのは、自他共に認める「強烈な女」・・・つまり私だった。
数ヶ月後に付き合うことになったのだが、それは彼にとって上記表現の通りの劇的な出来事で、大冒険だったに違いない。その7年後には「強烈な女」との結婚を決意するというスペクタクル大冒険を決行し、現在に至っても恐らくは冒険の最中であろう。

モノクロだった世界

皆様の世界は恐らくカラー

 一方、保守的で堅実なドラゴンと真逆に位置する私は、「縁」や「ひらめき」に素直に反応し馬車馬の如くどんどん実行していく人間である。その世界はきっと、ドラゴン含む他の人からは色とりどりの満艦飾のように見えているかもしれない。

 縁あって、ミシンSP-10を紹介するサイト「笑顔のたまご」において今回含め12回にわたってコラムを書かせていただいた。文章を書くのは好物の一つで、学業や趣味の範囲では積極的に書いてはいたが、お仕事として書かせていただいたのは実は今回が初めて。シロウトの私にこのお話をいただいた時、その人選に不安を感じはしたが素直に「Yes」と即答させていただいた。
 毎回独自のワールドで自由に書かせていただき、全体を通してマイペースに楽しくやらせていただいた。本業も主婦業もあるので、毎回締め切りに追われることを繰り返していたが、それも今回で終わるとなると少し寂しい。

 このコラムを読んでいただいている皆様の世界は恐らくカラーだと思う。でももし、少し鮮やかさが足りないと感じているなら、一つ好きな色を加えていくのも良いかもしれない。
 例えば、新しいミシンが欲しい、ハンドメイドに興味がある、それも生活に新たな色を加えることの一つ。
冒険する必要は全く無いが、物や物事との出会いも「縁」なので時には自分の感性に素直に反応し、「色のある生活」を楽しんでいただきたい。
プロフィール
Cafe chichiオーナー 常田知里さん
名古屋市緑区でカフェを経営するかたわら、野菜ソムリエや看護師・美容研究家、スキンケアカウンセラーの肩書きを持つ。カフェにてソーイングレッスンなど様々なスクールを開催しており、AISINのミシンイベントの開催にもご協力いただいてる。
Cafe chichiオーナー 常田知里さん

ページトップへ

「えがたま」が厳選したこだわりの手作り生活を送っている女性たちのコラムをお届けします。内容もソーイングや美容、料理と幅広いですよ。


感想を投稿する