コースターの作り方は笑顔のたまごの手作りレシピがわかりやすい

材料

  • 表布(A) 7cm×7cm 1枚
  • (B) 7cm×7cm 1枚
  • (C) 12cm×7cm 1枚
  • 裏布(D) 12cm×12cm 1枚
  • レース 12cm 1本
  • タグ 4cm 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • チャコペーパー
  • ルレットまたはヘラ
  • しつけ糸・まつり糸
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • ミシン・ミシン糸 など。

完成時の大きさ

縦:10cm×横:10cm

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

    裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

  2. カット線で布を裁断します。(各1枚)

    カット線で布を裁断します。

縫います

  1. 表布(A)と(B)を裏面にして、下図のように縫い合わせ、1枚の繋がった状態にします。

    表布(A)と(B)を裏面にして、下図のように縫い合わせ、1枚の繋がった状態にします。

  2. 表布(C)を裏面にして、1で縫い合わせた表布(A・B)と縫い合わせ、1枚の繋がった状態にします。

    1で縫い合わせた表布(A・B)と縫い合わせ、1枚の繋がった状態にします。

  3. 2で1枚に繋げた布を表に返し、表布(A・B)と表布(C)の繋ぎ目にレースを縫い付けます。この時、レースのひらひらが(C)側にくるようにします。

    レースを縫い付けます。

  4. 3で縫い合わせた布に、裏布(D)を裏にして重ねます。

    ※中表の状態にします。(布を2枚重ねるときに、表が内側の状態のことです)

    裏布(D)を裏にして重ねます。

  5. 4で重ねた布の端から1cmくらいのところを縫います。

    また、返し口3cmを残します。

    (返し口とは、縫い合わせた布を表に返す時のために残す空きのことです)

    4で重ねた布の端から1cmくらいのところを縫います。

  6. 返し口から表に返します。

    返し口から表に返します。

  7. 返し口3cmの間にタグを挟み、縫い代1〜2mmで周りを1周縫って完成です♪

    返し口3cmの間にタグを挟み、縫い代1〜2mmで周りを1周縫って完成です♪

お疲れ様でした!

ページトップへ

コースターはいつ、どんな時でも役に立つ便利アイテムです。
本来コースターは飲み物を飲む時にコップの下に置くために使用しますが、今はコースターの使い方も様々で、観葉植物の下に置いたり、部屋を彩るアイテムとして使ったりしています。
ハンドメイドを始めると余り布がたくさん出てきますが、その余り布を有効活用できるのが今回、ご紹介する「コースター」です。
余り布をつぎはぎするだけで完成するコースターは、とても簡単に作ることができさらに、様々な場面、場所で活躍してくれるので、コースターはどんなに作っておいても困ることはありません。
ミシン初心者の方でも取っ掛かりやすく、直線縫いだけで簡単に作れるので、ハンドメイドを始めた時はまずはコースターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
先にご説明したように、コースターは様々な場面で使用できるので、友人へのプレゼントにも良いと思います。
お子様の夏休みの宿題で自由研究などもありますが、家族の思い出作りにコースターを作るのも楽しいですよね。
笑顔のたまごには、布小物作家さんのオリジナルレシピがありますので、是非、コースターを作る時は参考にして下さい。笑顔のたまごスタッフも布小物作家さんのレシピを見てコースターを作りました。
コースター以外にも、様々なレシプがありますし、その他にもコンテンツがたくさんありますので笑顔のたまごに遊びにきて下さいね。
暑い夏は、寒い冬は、自分の作ったコースターを使って、のんびりした一時を過ごしましょう。