カフェエプロンのレシピ

材料

  • リネン布 45cm×84cm 1枚
  • ひも 7cm×32cm 7枚
    (柄を変えるとオシャレです♪)
  • ポケット 17cm×14cm 2枚
    (柄を変えるとオシャレです♪)
  • レース(A) 80cm 2本
  •  (B) 17cm 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • チャコペーパー
  • ルレットまたはヘラ
  • しつけ糸・まつり糸
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • ミシン・ミシン糸 など。

完成時の大きさ

縦:43cm × 横:80cm(ひもを含まず)

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

    裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

  2. カット線で布を裁断します。

    カット線で布を裁断します。

縫います

  1. ひもの布2枚を中表にして、縫い代1cmで縫います。これを6回繰り返すと、1本のひもになります。

    ひもの布2枚を中表にして、縫い代1cmで縫います。これを6回繰り返すと、1本のひもになります。

  2. リネン布の「すそ」を1cm幅で、3つ折りにして縫います。

    リネン布の「すそ」を1cm幅で、3つ折りにして縫います。

  3. 布を表に返し、2で3つ折りにして縫った箇所にレース(A)を置いて縫いつけます。

    布を表に返し、2で3つ折りにして縫った箇所にレース(A)を置いて縫いつけます。

  4. 布を裏に返し、両端を1cm幅で3つ折りにして縫います。

    布を裏に返し、両端を1cm幅で3つ折りにして縫います。

  5. ひもの縫い代をアイロンで開いて、アイロンをかけます。

    ひもの縫い代をアイロンで開いて、アイロンをかけます。

  6. 半分に折ってアイロンをかけ、折り目をつけます。

    半分に折ってアイロンをかけ、折り目をつけます。

  7. さらに上下を1cm折り、アイロンをかけ折り目をつけます。

    さらに上下を1cm折り、アイロンをかけ折り目をつけます。

  8. 図のようにリネン布(表)とひも(表)を合わせ、まち針で仮止めします。その後、上から5mmの個所を縫います。

    図のようにリネン布(表)とひも(表)を合わせ、まち針で仮止めします。その後、上から5mmの個所を縫います。

  9. リネン布を挟むようにして、縫いつけたひもを反対側へ持っていきます。

    リネン布を挟むようにして、縫いつけたひもを反対側へ持っていきます。

  10. ひもを反対側へ持ってくると図のようになります。

    ひもを反対側へ持ってくると図のようになります。

  11. ひもの両端を2つ折りにして、ひもの端から縫います。

    注意点としては、図のようにリネン布とひもが重なっている箇所の下から1cmのところを縫います。

    ひもの両端を2つ折りにして、ひもの端から縫います。

  12. レース(A)を折込んで、リネン布とひもの間に入れて縫います。

    レース(A)を折込んで、リネン布とひもの間に入れて縫います。

  13. ポケット用の布を2枚重ね、片方を1cmほどずらして2枚の布を縫い代5mmで縫いつけます。

    ポケット用の布を2枚重ね、片方を1cmほどずらして2枚の布を縫い代5mmで縫いつけます。

  14. 1.5cm出ているところを3つ折りにして縫うと、裏面がきれいに仕上がります。

    1.5cm出ているところを3つ折りにして縫うと、裏面がきれいに仕上がります。

  15. ポケット布を表にして、布と布との間にレース(B)を置いて縫います。

    上部を1cm間隔で3つ折りにし、折込口から1cmくらい下を縫いつけます。

    上部を1cm間隔で3つ折りにし、折込口から1cmくらい下を縫いつけます。

  16. リネン布の好きな場所にポケットを置いて、縫いつけます。

    この時、ポケットの端を1cm折り込み、縫いつけます。

    リネン布の好きな場所にポケットを置いて、縫いつけます。

お疲れ様でした!

ページトップへ

「笑顔のたまご」は笑顔生活を応援するコミュニケーションサイトです。ここでは、カフェエプロンのレシピを紹介します。