贈り物に使える巾着のレシピ

材料

  • 表布(A) 13cm×13cm 2枚
  • 表布(B) 13cm×13cm 2枚
  • 表布(C) 22cm×25cm 1枚
  • 裏布 46cm×25cm 1枚
  • ひも 85cm 2本
  • レース 25cm 2本
  • 綿レース 22cm 1本
  • テープ 3cm 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • チャコペーパー
  • ルレットまたはヘラ
  • しつけ糸・まつり糸
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • 手縫い用の針
  • 手縫い用の糸
  • ミシン・ミシン糸 など。

完成時の大きさ

幅:23cm × 高さ:22cm

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

    裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

  2. カット線で布を裁断します。

    カット線で布を裁断します。

縫います

  1. 表布Cに綿レースを好きな位置に縫い付けます。

    表布Cに綿レースを好きな位置に縫い付けます。

  2. 表布Aと表布Bを縫い代0.5cmで縫い合わせて、1枚にします。(2組同じ物を作成します)

    表布Aと表布Bを縫い代0.5cmで縫い合わせて、1枚にします。(2組同じ物を作成します)

  3. 表布Cと縫い合わせた表布A・Bの2枚を中表にして縫い代0.5cmで縫い合わせます。

    表布Cと縫い合わせた表布A・Bの2枚を中表にして縫い代0.5cmで縫い合わせます。

  4. 縫い合わせた表布を表に返し、表布A・Bと表布Cの間にレースを置き、縫い合わせます。

    縫い合わせた表布を表に返し、表布A・Bと表布Cの間にレースを置き、縫い合わせます。

  5. 表布を中表にして半分に折ります。その時、テープも挟んでおきます。

    表布を中表にして半分に折ります。その時、テープも挟んでおきます。

  6. 縫い代1cmで上から3cm縫い、2cmあけ、その下から一番下まで縫います。

    縫い代1cmで上から3cm縫い、2cmあけ、その下から一番下まで縫います。

  7. 袋の底部分に3cmのマチを作ります。

    下図のように、底の両端の縫い代を三角に折り曲げ、左右1.5cmのところで縫います。

    袋の底部分に3cmのマチを作ります。下図のように、底の両端の縫い代を三角に折り曲げ、左右1.5cmのところで縫います。

  8. 裏布を中表にして半分に折ります。

    両端を上から下まで縫い代1cmで縫います。

    裏布を中表にして半分に折ります。両端を上から下まで縫い代1cmで縫います。

  9. 表布同様に3cmのまちを作ります。

    表布同様に3cmのまちを作ります。

  10. 表布を表に返し、表布の中に裏布を入れます。

    表布を表に返し、表布の中に裏布を入れます。

  11. 表布、裏布それぞれ上1cmを中に折り込み、ミシンの補助テーブルを外した状態にし縫い代0.5cmで1週縫います。

    表布、裏布それぞれ上1cmを中に折り込み、ミシンの補助テーブルを外した状態にし縫い代0.5cmで1週縫います。

  12. 2cmのあきの下の部分を1週縫います。

    2cmのあきの下の部分を1週縫います。

  13. 下図のように、両側からひもを1本ずつ矢印の方向に通します。ひも通しを使うと簡単です。

    ひもを通したら、端を結びます。

    ひも通しを使い、図のように左右からひもを1本ずつ通します。通し終わったらひもを結びます。

  14. 左右から出ているひもを正面で蝶々結びにしたら完成です。

    左右から出ているひもを正面で蝶々結びにしたら完成です。

お疲れ様でした!

ページトップへ

「笑顔のたまご」は笑顔生活を応援するコミュニケーションサイトです。ここでは、贈り物に使える巾着のレシピを紹介します。