授乳ケープを作るなら笑顔のたまごの簡単レシピ

材料

  • 布(A) 34cm×94cm 1枚
  • 布(B) 32cm×94cm 1枚
  • あやテープ(A) 2.5cm×60cm 2本
  • あやテープ(B) 2.5cm×16cm 1本
  • レース 94cm 2本
  • 2.5cmDカン 2個
  • マジックテープ 1組
  • 硬いテープ 45cm前後 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • チャコペーパー
  • ルレットまたはヘラ
  • しつけ糸・まつり糸
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • 手縫い用の針
  • 手縫い用の糸
  • ミシン・ミシン糸 など。

完成時の大きさ

縦:58cm × 横:90cm

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

    裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

  2. 縫いしろをカット線の内側に取り、できあがり線を描きます。

    ※この時、チャコペーパーを布の裏面と型紙の間にはさみ、印をルレットまたはヘラでつけます。

  3. カット線で布を裁断します。

    カット線で布を裁断します。

縫います

  1. 布(A)と布(B)を中表にし、1枚を1cm程ずらして真っ直ぐ縫います。

    布(A)と布(B)を中表にし、1枚を1cm程ずらして真っ直ぐ縫います。

  2. 1で、1cmずらした部分を下図のように折り込みます。

    1で、1cmずらした部分を下図のように折り込みます。

  3. 2で折り込んだ布を裏に返し、真っ直ぐ縫います。すると1枚の布になります。

    2で折り込んだ布を裏に返し、真っ直ぐ縫います。すると1枚の布になります。

  4. 3で縫い合わせた布を表に返し、布の下部を1cm幅で三つ折にして、真っ直ぐ縫います。

    3で縫い合わせた布を表に返し、布の下部を1cmずつ三つ折にして、真っ直ぐ縫います。

  5. 布(A)と布(B)を縫い合わせた部分と、布の下部にレースを置き縫い合わせます。

    布(A)と布(B)を縫い合わせた部分と、布の下部にレースを置き縫い合わせます。

  6. 布を裏返し、両脇を1cm幅で三つ折にして縫います。

    片方の上から4cmほどのところにあやテープ(A)を1本挟み込み、真っ直ぐ縫います。

    布を裏返し、両脇を1cmずつ三つ折にして縫います。片方の上から4cmほどのところに60cmのあやテープを挟み込み、真っ直ぐ縫います。

  7. 挟み込んだあやテープ(A)の端にマジックテープ(硬い方)を縫いつけます。

    挟み込んだあやテープの端にマジックテープ(硬い方)を縫いつけます。

  8. 硬いテープが通るように、布上部を1cm・2cm幅で三つ折にして真っ直ぐ縫います。

    硬いテープが通るように、布上部を1cm・2cmで三つ折にして真っ直ぐ縫います。

  9. 端から21cmのところを縦に縫い、三つ折したところに硬いテープを入れます。

    端から21cmのところを縦に縫い、三つ折したところに硬いテープを入れます。

  10. 硬いテープを入れ終わったら、反対側も端から21cmのところを縦に縫います。

    硬いテープを入れ終わったら、反対側も端から21cmのところを縦に縫います。

  11. あやテープを縫い込んだ方とは反対側に、マジックテープ(柔らかい方)を縫いつけます。

    あやテープを縫い込んだ方とは反対側に、マジックテープ(柔らかい方)を縫いつけます。

  12. Dカンとあやテープ(B)を下図のように組み合わせ、2つのDカンの1cm下を縫いつけます。

    Dカンと16cmのあやテープを下図のように組み合わせ、2つのDカンの1cm下を縫いつけます。

  13. 右端から18cmあけたところに、Dカンを2つ挟んだあやテープ(B)を布上部から1cm下に縫いつけます。

    右端から18cmあけたところに、Dカンを2つ挟んだあやテープを布上部から1cm下に縫いつけます。

  14. 左端から18cmあけたところに、もう1本のあやテープ(A)を布上部1cm下に縫いつけます。

    左端から18cmあけたところに、60cmのあやテープを布上部1cm下に縫いつけます。

お疲れ様でした!

ページトップへ

お子さんが産まれてから必要になる小物は、スタイや子供服、赤ちゃん用の靴など色々ありますが、このページでは「授乳ケープ」のレシピを紹介したいと思います。
赤ちゃんがある程度大きくなると外出する機会も増えてきます。外出先で授乳しなければいけない時に、運良く授乳室があれば良いのですが、ない場合、あっても使用中の場合は困りますよね。そんな時に活躍するのが授乳ケープです。授乳ケープは、羽織るだけでひと目を気にせずに授乳が出来ますし、ベビーカーや車に乗せている時のひざ掛けとしても使えるので、授乳期間が終わっても、汎用性がある便利アイテムです。首の部分に硬いテープが入っているので、授乳中でも赤ちゃんの様子を見ることができます。外出に限らず、自宅にお客様がきた時などどうしても人前で授乳をしなければいけない場合は重宝します。
このように便利な授乳ケープですが、中々お店では販売していません。お腹が大きくなると家にいる機会が増えるので、時間に余裕がある時にミシンを出して、授乳ケープを作ってみてはいかがでしょうか。これから産まれてくる赤ちゃんを想像しながら手作りをする時間はとても楽しいと思います。
今回掲載している授乳ケープは布小物作家さん直伝レシピなので、初めての方でも作りやすくなっています。手づくりレシピのコーナーには、授乳ケープだけでなく、使える便利アイテムが掲載されていますので、参考にして下さい。授乳ケープが完成した時は、是非、「みんなの作品・感想コーナー」に投稿してみて下さい。他の投稿者やスタッフからの感想、アドバイスで新たなアイディアや作品作りのコツがつかめるかもしれませんよ。