リバティ生地・リバティプリントを使った手作りシュシュ

材料

  • 布 10cm×50cm 1枚
  • ゴム 25cm 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • ゴム通
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • ミシン・ミシン糸

完成時の大きさ

 

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

    裁断図を参照し、布の裏面にカット線を書きます。

  2. カット線で布を裁断します。

    カット線で布を裁断します。

縫います

  1. 布を中表にして半分折り、縫い代1cmで縫います。

    布を中表にして半分折り、縫い代1cmで縫います。

  2. 1で縫った部分を下にし、上にくる布を中心に集めるように折りたたみます。

    1で縫った部分を下にし、上にくる布を中心に集めるように折りたたみます。

  3. 折りたたんだ布を中に入れ込み、下側の布を中表に合わせまち針でとめます。

    折りたたんだ布を中に入れ込み、下側の布を中表に合わせまち針でとめます。

  4. 折りたたんだ布を縫いこまないように注意しながら縫います。

    折りたたんだ布を縫いこまないように注意しながら縫います。

  5. 縫い進めながら、2で折りたたんだ布を中から引き出します。

    縫い進めながら、2で折りたたんだ布を中から引き出します。

  6. さらに縫い進め、返し口:4cmを残して縫い終えます。

    さらに縫い進め、返し口:4cmを残して縫い終えます。

  7. 返し口から布をひっくり返し、形を整えます。

    返し口から布をひっくり返し、形を整えます。

  8. ゴム通しを使って、ゴム通し口からゴムを通して結びます。
  9. 返し口部分の布端を揃えて、まち針を留めます。

    返し口部分の布端を揃えて、まち針を留めます。

  10. 返し口部分の布端から1〜2mmの所をミシンで縫って、できあがり♪

    返し口部分の布端から1〜2mmの所をミシンで縫って、できあがり♪

お疲れ様でした!

ページトップへ

LIBERTY(リバティ)生地はワンピースやポーチ、子供の入園・入学グッズなど、様々なアイテムに使えるオシャレな生地です。
LIBERTY(リバティ)は1875年に設立され136年の歴史を持つ英国のテキスタイルデザインであり、LIBERTY(リバティ)のデザインはイギリスを代表する有名デザイナーのファッションにも使われています。LIBERTY(リバティ)は日本でも広く浸透しており、特に女性から愛されるデザインの一つとして地位を確立しています。現在でも、花柄プリントやLIBERTY(リバティ)に似せて作られた擬似LIBERTY(リバティ)柄が販売されているお店が多数あり、LIBERTY(リバティ)は今後も飽きることなく、愛されるテキスタイルデザインの一角になると思います。
このページでは、LIBERTY(リバティ)生地を使った作家さんオリジナルの簡単シュシュのレシピをご紹介したいと思います。いつもの日常の中に、英国の雰囲気を漂わせるLIBERTY(リバティ)を加えて、普段と違った1日を過ごしてはいかがでしょうか。仕事で疲れた時、育児に疲れた時、元気が出ない時は誰でもあります。そんな時は、華やかで見ているだけで心が明るくなるようなLIBERTY(リバティ)のシュシュをつけて気分転換をして下さい。また、実用的なアイテムであるシュシュは贈り物としても使えるので、好きな方や大事な方へのプレゼントにLIBERTY(リバティ)生地を使ったシュシュを作ってプレゼントすると喜ばれると思います。