ティーコゼのレシピ

材料

  • A:外側用の布 30cm×25cm 2枚
  • B:内側用の布 30cm×25cm 2枚
  • C:外側パッチワーク用の布(左側) 10cm×10cm 1本
  • D:外側パッチワーク用の布(中央) 12cm×16cm 1本
  • E:外側パッチワーク用の布(右側) 10cm×10cm 1本
  • 接着キルト綿 30cm×25cm 2枚
  • 紐 7cm 1本

準備するもの

  • 布切りハサミ
  • チャコペーパー
  • ルレットまたはヘラ
  • しつけ糸・まつり糸
  • まち針
  • アイロン
  • ものさし
  • ミシン・ミシン糸

完成時の大きさ

幅:26cm × 高さ:20cm

完成イメージ

きれいに仕上げるポイント

  • 縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります。
  • 縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。
  • 「しつけ」をしてから縫うと縫いやすくきれいに縫えます。
  • ミシンで縫い合わせた都度、縫い目にアイロンをかけるときれいに仕上がります。

型紙を印刷します

  1. 型紙をダウンロードして、印刷します。

    型紙をダウンロードする (PDF:41KB)

  2. ティーコゼの型紙はA4×2枚で印刷されます。線に沿って切り取り、のりしろで2枚を貼り合わせて1枚にします。

    ティーコゼの型紙

裁断します

  1. 裁断図を参照し、布の裏面にカット線を描きます。
  2. 縫いしろをカット線の内側に取り、できあがり線を書きます。
  3. カット線で布を裁断します。

※この時、チャコペーパーを布の裏面ち型紙の間にはさみ、合印・返し口・中心・パッチワークの切り替えの位置の印をルレットまたはヘラで付けます。

裁断図

裁断図

縫います

1〜5の手順で、2セット作ります。

  1. 布C・D・Eを中表にして、図のように縫い合わせます。

    縫い代は外側に倒し、アイロンをかけ、表からミシンで飾り縫いをします。

    (1)縫い合わせる、(2)アイロンでくせをつける、(3)飾り縫いをする

  2. 布Aの裏にアイロンで接着キルトを貼り、図の位置にミシンで直線縫いをします。

    オプションアクセサリーのキルティングガイドを使うと。等間隔で縫うのに便利です。

    ティーコゼ表面の飾りになるので、お好みの糸を使い、ていねいに仕上げてくださいね。

  3. 図のように中表になるように1と布Aの中心を合わせて置きます。

    その際に、1の出来上がり線を布Aの切り替え位置を合わせて、まち針でとめます。

    ミシンで1の出来上がり線を縫います。

    ミシンで1の出来上がり線を縫います。

  4. 1を表に返し、くせをつけるためにアイロンをかけます。

    1の表の下から0.3cmのところにしつけをし、布Aと1を合わせておきます。

    端から0.3cmのところでしつけをすると、5で布Bと合わせる際に、しわが寄らず、きれいに仕上がります。

  5. 布A、Bを1枚ずつ中表に合わせて、返し口を残して縫い合わせ、返し口から裏に返します。

    1〜5の手順で2セットできましたか?

  6. 5の返し口にそれぞれ紐の端1cmを中心に合わせてはさみ、まち針でとめます。

    返し口の縫い代部分を中に織り込み、手縫いでまつります。

    まつりぬい

  7. 図の位置に直線縫いと返し縫いを3往復して、紐をしっかりととめます。

    直線縫いと返し縫いを3往復

  8. 7を中表に合わせ、紐を内側に入れます。

    ティーコゼの内側

  9. 両サイドの下から3cmを残して、8を太めの糸を使い、0.5cm間隔で手縫いでかがります。

    縫い目に隙間ができないようにその都度かがった糸は強めに引いておきます。

    (縫っていない両サイドの下から3cmの部分はスリットのようになります。)

    両サイドの下から3cmを残して、0.5cm間隔で手縫いでかがります。

  10. 9を表に返して、形を整えます。サイドのスリットの上部をミシンで直線縫いと返し縫いを、1.5cm・3往復して裂けないように補強します。

    1.5cm・3往復

ページトップへ

「笑顔のたまご」は笑顔生活を応援するコミュニケーションサイトです。ここでは、ティーコゼのレシピを紹介します。